脱毛後にできた赤いぶつぶつ・黒いぶつぶつの正しい対処法

自分でムダ毛を処理しても、毛はなくなるけどなんだか綺麗じゃない…そんな方はいませんか?モデルさんのような白くなめらかなお肌になりたいのに、実際には黒ずんでブツブツとしていて、全然綺麗じゃない…。そんな方は大勢いらっしゃるんです。

どうしてぶつぶつ毛穴になってしまうのでしょうか?何に気をつければ、モデルさんのようなツルンとした肌になれるのでしょうか?実はその秘訣は、ムダ毛の自己処理の方法にあったんです。 今回は、気になるぶつぶつの原因とその対処法について一緒に見ていきましょう。

脱毛後に気になるぶつぶつの原因について

脱毛後に気になるぶつぶつの原因は、一体何なのでしょうか?ぶつぶつにはいくつか種類があり、それによって原因も対処法も異なってきます。早速順番にチェックしてみましょう。

赤いぶつぶつは、毛穴の炎症の可能性が高い

お肌をチェックしてみて、ぶつぶつが赤みを帯びていた場合には、毛穴が炎症を起こしている可能性があります。

例えば、毛抜きでムダ毛を抜いた場合、痛みにより毛穴がダメージを受け赤みを帯びるケースや、ムダ毛がなくなり開いた毛穴に雑菌が入り込み、そこから炎症を起こすケースがあります。毛抜き以外にもワックス脱毛や脱毛器など、抜く自己処理は毛穴に負担がかかりやすく、肌に赤いぶつぶつが出来る可能性が高いのです。

毛穴が炎症を起こした状態が続くと、色素沈着して黒く跡になって残ってしまう場合もあります。1日も早く負担のかかる自己処理を止める事が大切です。

黒いぶつぶつは、埋没毛の可能性が高い

一方で、黒いぶつぶつが目立つ場合には、埋没毛の可能性が高いです。埋没毛とは、深剃りや毛抜きでの処理を行ったときに、ダメージを受けたお肌が回復しようと毛穴を塞いでしまい、ムダ毛の毛先が毛穴の中に閉じ込められて外に出られなくなっている状態の事を言います。ムダ毛の黒い色は透けて見えるのに、毛先が埋もれているので処理できないという非常に厄介な状態なのです。

この埋没毛が増えてくると、毛先が肌を下から押し上げてきて黒いぶつぶつと盛り上がったような状態になります。埋没毛は一度なってしまうと肌の角質層が生まれ変わるまでは無くすことが出来ません。日ごろからお肌にダメージを与えるような自己処理をせず、今以上埋没毛を増やさないように心がけましょう。

また、毛穴の中に汚れが詰まって黒くなっている可能性があります。毛抜きを使用して自己処理をすると、広がった毛穴に汚れが詰まりやすいので注意しましょう。

このように、赤いぶつぶつ・黒いぶつぶつ共に、毛抜きやカミソリでの深剃りなどの間違った自己処理が原因で起こる場合がほとんどです。正しいムダ毛の自己処理方法を知って、今以上のダメージをお肌に与えない事が大切です。

毛抜きやカミソリによる自己処理は、色素沈着を起こして肌が黒ずんでしまう

また、毛抜きやカミソリで起こるダメージは、ぶつぶつだけではありません。間違った自己処理でお肌が傷ついてしまうと、その部分が色素沈着を起こし、お肌が黒ずんでしまいます。

ワキやビキニラインが黒ずんで悩んでいる方はいらっしゃいませんか?もちろん、もともと色素の濃い方もいらっしゃいますが、こういった自己処理回数の多い場所は肌への負担が現れやすく、お肌の黒ずみを起こしやすいのです。

黒ずみに悩んでいる方で間違った自己処理に心当たりのある方は、まずムダ毛の自己処理方法を見直す必要があると言えるでしょう。

できてしまったぶつぶつは、保湿ローションでケアを

それでは、できてしまったぶつぶつや黒ずみを改善していくにはどうすればよいのでしょうか?今あるダメージを改善する為には、お肌の生まれ変わりを促して、新しいダメージのないお肌を表面に出してあげる必要があります。肌は基本28日かけて新しく生まれ変わっていますが、乾燥や自己処理の負担などダメージの多い方は、その周期が乱れてしまっているのです。保湿をしてお肌に水分を与える事で、お肌状態を整えて、お肌の生まれ変わりを助けてあげましょう。

保湿が大切なのは、お顔だけでなくワキでもビキニラインでもどこも同じです。お顔と同じ化粧水でも、普段お使いのボディローションでも構いません。使いやすいもので構わないので、毎日継続して保湿をすることが何より大切です。ぜひお風呂上りなど意識して習慣づけてみてくださいね。また、より高い効果を求める方には黒ずみ専用の保湿クリームがオススメです。

ぶつぶつ・黒ずみを防ぐために正しい脱毛をしよう

それでは、お肌にぶつぶつや黒ずみを起こさないための正しい自己処理方法とは、どのようなものでしょうか?正直にお伝えすると、自己処理でお肌に負担のないものは、ほとんどありません。ムダ毛を引き抜いて痛みを与えたり、肌にカミソリを滑らせたり、刺激のある除毛剤を塗ったりするのは、どれもお肌にとってはとても負担のかかる事なのです。電気シェーバーであれば肌を傷つける事はありませんが、カミソリのように深剃りは出来ないのでツルツルにはなれませんし、毎日こまめに処理を続ける必要があります。それもとても面倒ですよね。お肌に優しく仕上がりも美しい正しい脱毛方法はあるのでしょうか?

カミソリや毛抜きによるムダ毛処理から卒業しよう

ぶつぶつも黒ずみも出来ず、ムダ毛も残らず、モデルさんのようなつるんと白く美しい肌に近づきたいなら、思い切ってカミソリや毛抜きと言った自己処理から卒業しましょう。脱毛は、プロの手に任せるのが一番です。サロンやクリニックで受けられる脱毛なら、1年から2年通えばその後は自己処理のわずらわしさから解放され、お肌にダメージを与える事もなく白く美しい肌を手に入れる事が出来るんですよ。

医療脱毛なら、永久脱毛も可能

プロの手による脱毛法には、大きく分けてクリニックで受けるか・サロンで受けるかの2種類があります。クリニックで行われている医療脱毛であれば、永久脱毛も可能です。非常に強い光を扱う事が出来るので、痛みが少し強くなる代わりに短期間で脱毛を終える事が出来ますし、脱毛を終えた後は一生ムダ毛の心配をしなくても済むのです。

また、医療脱毛はクリニックで医師のみが取り扱う事の出来る脱毛方法です。脱毛を受けてもし何かトラブルがあったら…と心配な方も、常にお医者様が診てくださるので安心して受けられますよ。

脱毛サロンなら、比較的安い料金で脱毛できる

一方で、エステサロンが行っている脱毛なら、医療脱毛に比べて非常に安い料金で施術を受ける事が出来ます。医療脱毛に比べると光のパワーが弱いため、脱毛完了までにかかる期間は長くなりますが、その分痛みが弱いので、痛みが心配な方にも安心です。永久脱毛と言う呼び方は出来ませんが、脱毛サロンでの光脱毛も、脱毛期間を終えれば自己処理の必要のほとんどないお肌を手に入れる事が出来ますよ。美肌パックなど、エステサロンならではのオプションにこだわったお店が多いのも嬉しいですね。

家庭用のフラッシュ・レーザー脱毛器なら、自宅で手軽に脱毛できる

このように魅力たっぷりなクリニックやサロンの脱毛ですが、やっぱり人にしてもらうのは恥ずかしい…という方や、忙しくて予約の時間がとれない!という方もいらっしゃるかと思います。そんな方には、家庭で手軽に出来るフラッシュ・レーザー脱毛器がオススメです。

家庭用の脱毛器は、簡単に扱えるよう出力はやや低めになっていますが、自分でいつでもどこでも手軽に行えるのが魅力です。人に見られたくないビキニラインや、よそで脱毛をしたけど残ってしまった1~2本のムダ毛を狙うのも簡単。また、自分で出来るから気になった時にさっと処理できるのが嬉しいですね。慣れるまでは難しいかもしれませんが、コツを掴めば簡単に行う事が出来ますよ。

サロンに通えないけれど綺麗な肌になりたい!という方は、ぜひ家庭用のフラッシュ・レーザー脱毛器を試してみてくださいね。

まとめ「脱毛後のぶつぶつを防ぐ一番の方法は?」

いかがでしたか?長年悩まされているお肌のぶつぶつ・黒ずみが、実は自己処理が原因だったと知って驚かれた方も多いのではないでしょうか?人前に出るにはどうしても欠かせないムダ毛の自己処理。けれど、本当に美しいお肌を手に入れる為には今、自己処理をやめる決断が必要なのかもしれません。思い切ってプロに任せてみると、数か月後にはきっと「やって良かったー!」「もっと早くやっておけば良かった!」と思える時が来ますよ。ぜひあなたも、医療脱毛やサロン脱毛にチャレンジしてみてくださいね。

ページの先頭へ