脱毛後のお風呂はダメ!赤み・かゆみ・毛穴の炎症などの原因に

脱毛をしたあと、早くツルツルのお肌になりたくて、ついつい長湯をしたり、身体をしっかり洗いたくなりますが…実はこの行為は、非常に危険なのでNGなんです。

脱毛後のお肌がデリケートになっているのは皆さん想像がつくかと思いますが、いったいなぜ脱毛後にお風呂に入ってはいけないのでしょうか?

今回は、脱毛と入浴の関係性についてご紹介します。

脱毛後にお風呂に入ってはいけない理由

脱毛後の肌は、日焼けしたようなデリケートな状態

脱毛は、お肌のムダ毛がキレイになくなる分、肌への負担がかかっていることは大いに想像できますよね。脱毛の仕組みは、脱毛マシンから出される強烈な光を一瞬で浴びるので、いっきに肌が火傷をしたかのような状態になります。

そのため、脱毛後はクールダウンの冷却を行いますよね?あれは強い光を当てて急激に肌にダメージを感じ、火傷状態になったお肌をクールダウンさせる役割を果たしています。

脱毛直後~1・2日間は、肌に熱がこもった火傷と同じような状態が続きます。痛みを感じない人もいるかもしれませんが、中には火傷と似たような状態に陥る人もいます。

そのため入浴により血行を促進して肌の温度を上げてしまい、赤みなどの原因になりかねないので、脱毛直後の入浴は避けた方が良いのです。

脱毛後に体を温めると、赤みやかゆみなどの肌トラブルを引き起こしてしまう

上記の通り、入浴をすることで肌の血行が良くなり火傷状態のお肌は赤みを帯びてしまいます。ここでのクールダウンをしっかりしておかないと、その後の肌トラブルにつながってしまうので、脱毛後は入浴を控えましょう。

湯船には雑菌もいるため、毛穴の炎症などを引き起こしやすい

お風呂は身体を綺麗にする場所ではありますが、私たちの目では確認できない雑菌が湯船には潜んでいます。

特に雑菌は、お風呂の排水溝を通って繁殖をし、私たちが気持ちいと感じるお湯の温度である40度前後で、元気に繁殖をしてしまいます。

雑菌がたくさんいる湯船に、デリケートな状態のお肌で入浴をしたら…想像をしただけでも恐ろしいですよね。

この雑菌が潜んでいる湯船につかることで、肌が炎症を起こしてしまったり、最悪の場合化膿をして脱毛どころではなくなります。

お風呂に入れなくて気持ちが悪い…という気持ちはよくわかりますが、今はお肌がデリケートな時だから仕方ないと割り切って、最低でも1日は湯船につかるのを我慢しましょう。

脱毛後にお風呂に入ってしまった場合はどうすればいい?

しかし毎日の習慣となっている入浴ですので、うっかり湯船に入ってしまった場合は、どうしたらいいのでしょうか。

結論から言いますと、気付いた時点ですぐに湯船からあがり、身体をクールダウンさせるために、すぐに施術箇所を冷やしましょう。

体温を上げることで、炎症や化膿を起こしやすくなるので、そうならないためにも早めの処置が大切です。うっかり入浴をした翌日に赤みがひどくなったり痛みが治まらなくなったら、急いで脱毛サロンか皮膚科へ相談に行くようにしてください。

お風呂以外にも脱毛後にはNGなこと

脱毛直後のデリケートなお肌には、以下のこともNGです。

  • 温泉
  • 岩盤浴
  • サウナ

これらも体温上昇につながり、肌トラブルの原因となります。特に上記3点は、大勢の人が利用する施設なので、だれがどんな病気を持っているのかわかりません。そのため、知らぬ間に肌が雑菌に触れてしまう可能性が大きいです。

一見すると美肌効果のありそうな、温泉・岩盤浴・サウナですが、脱毛直後は絶対に避けて、脱毛から1~2日経ってからの利用にしましょう(赤みや痛みが引いていなかったら、もっと様子を見ましょう)。

脱毛後は湯船につからずにシャワーで済ませよう

ぬるめのシャワーならOK

しかしダメとはわかっていても身体を洗いたくはなりますよね。特に夏の汗をいっぱいかく時期に脱毛を行ったら、その日の汚れを落としたくなる気持ちはよくわかります。

そんなときは、お湯の温度に気を付けて、シャワーのみで済ませるようにしましょう。この時に注意したいのは、かならずぬるめのお湯でのシャワー浴にするといった点です。

熱めのお湯は肌への刺激が強いので、ぬるめに設定をしたお湯で短時間のシャワー浴を行いましょう。普段の入浴時のお湯の温度よりも2~3度下げるだけでも肌への負担は大きく変わってくるので、シャワーに入るときは事前にお湯の温度を確かめるようにしましょう。

脱毛後の肌はデリケートな状態なので、体をゴシゴシ洗わない

脱毛後のお肌は火傷に似たような状態であるとお話した通り、非常にデリケートです。そのため、もしシャワー浴をする場合でも、以下の点に気を付けてシャワー浴をするようにしましょう。

  • サッと短時間で終わらせる
  • 身体をゴシゴシと洗わない
  • 石鹸を使わない
  • 施術をした部分は触れない

上記の4点は、最低でも守っていただきたいポイントです。

脱毛直後の熱がこもったお肌は、体温を上げないようにすることが必要です(たとえば真夏の海水浴に出かけた人同じような状態のため)。そしていつも以上にデリケートになっているお肌は、石鹸や身体を洗うタオルの刺激ですら強く感じます。

そのため、必要以上に洗うのは避け、もしどうしても石鹸を使って身体を洗いたい場合は、無添加やオーガニック(赤ちゃんが使うのでもOK)といった肌に刺激を与えない石鹸を使うようにしましょう。 脱毛サロン等で販売されている石鹸を使用するのも良いでしょう。

シャワーの後は、低刺激の保湿クリームなどで保湿ケアを忘れずに

いくらぬるめに設定をしたお湯でのシャワーだとは言え、デリケートなお肌への負担は大きいです。入浴後は、必ずしっかりと保湿をするようにしましょう。

保湿が大好きな私のオススメする方法は以下です。

  • ① 低刺激の顔用化粧水を施術箇所に塗る(顔用はやさしい成分でできているものが多いので、敏感肌用のものを選んで塗りましょう)
  • ② 乳液と白色ワセリンを混ぜて塗る(ワセリン単品でも良いのですが、少し固めなので塗っている間に肌へ負担がかかりそうなので、乳液と混ぜて緩めて塗ります)
  • ③ 特に乾燥が気になる場合は、時間を空けてからよく練った白色ワセリンを塗って保湿の蓋をする

この方法は乾燥が気になる季節に顔の保湿で実践している方法です。かなり保湿力があります!

敏感肌用の化粧水や乳液は、無駄な成分が配合されていないので、肌への刺激が少ないです。そして保湿の蓋をする役割の白色ワセリンは、赤ちゃんでも使うことができるほど低刺激なので、しっかりと練りこんで保湿ケアをしてください。

この時に気を付けたい点は、ゴシゴシと力強く塗らないことです。もしお手持ちの保湿剤が固めのテクスチャのクリームなどの場合は、いったん使用をやめて、伸びの良いミルクタイプのクリームを使うと肌への負担が軽減できます。

白色ワセリン単品では保湿力が若干低いので、すべての保湿をし終えた後に蓋をするイメージで上から塗ってあげると良いでしょう。

いつから湯船につかってもいい?

肝心の入浴は、脱毛後1~2日で可能になります。しかしこれは、あくまでもお肌のトラブルが見受けられなかった場合のみです。

もし脱毛から1~2日経っていても、お肌に赤みや痛み、火照りなどが残るようであれば、入浴NGのサインです。通常なら脱毛翌日からOKではありますが、もし普段と違う感覚があったら、すぐに脱毛サロンに相談をするか皮膚科を受診して、専門家の指示を待ちましょう。

脱毛後のお肌はデリケート!

脱毛後、すぐに入浴がしたくなる気持ちはよくわかります。しかし想像以上に敏感なお肌への刺激にしかならないので、避けるようにしましょう。せっかくキレイにし辰衛でも、入浴をして肌へ負担をかけたら、その後の脱毛工程にも影響が出かねません。

脱毛直後は、赤ちゃんのお肌を扱うかのように、とにかくやさしく、そして丁寧にケアをするようにしましょう。脱毛の日にちが決まったら、刺激が少ない保湿ケアグッズを購入して、脱毛後のケアに備えるのもアリです。

この場合は、赤ちゃんのお肌にも使えるくらい低刺激のものを選んだり、石油系の成分を配合していないものを選ぶようにしましょう。

シャワーだけだから大丈夫と思っていると大間違いです。とにかく体温を上げないように細心の注意をはかり、短時間で終了をするよう心がけましょう。

ページの先頭へ