脱毛後の日焼けによる色素沈着に注意!日焼け止めで紫外線対策を

肌を露出する機会が多い夏に向けて脱毛完了!でも脱毛サロンやクリニックのお姉さんに、「脱毛後は日焼けしないようにしてくださいね」と言われませんでしたか?

ムダ毛を脱毛して水着やノースリーブの服を着たい気持ちはわかります。しかし、脱毛後に日焼けしてしまうと、色素沈着などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ここでは、脱毛後の肌の状態やどのぐらいの期間日焼けしないように注意すべきかなどを紹介します。

なぜ脱毛後に日焼けしてはいけないの?

脱毛後の肌はフラッシュやレーザーの照射を受けて、とても敏感な状態

脱毛は、私たちが日常生活で浴びる光とはまた違った光を、短時間で大量に浴びます。そのため想像以上に肌には負担がかかっています。

この肌への負担は、肌の表面だけでなく奥にある毛穴まで刺激を受けて、肌を敏感にさせています。分かりやすく表現をすると、脱毛後のお肌は、日焼けや火傷と同じ状態になっています。

そのため、少しの刺激にも弱く、脱毛後に日焼けをすると、下記のようなことが起こります。

  • 肌が極度に乾燥してしまう(そのため施術中に痛みを伴うことも…)
  • 脱毛効果の低下(乾燥をしていては、肌の奥まで光が届きません)
  • 色素沈着やシミ・そばかすの原因

肌を綺麗にしに行っているのに、これらの症状が出てきてしまっては本末転倒です。特に色素沈着やシミ・そばかすの原因となってしまっては、ムダ毛がなくても素肌で出歩けなくなってしまうので、絶対に避けたいですよね。

脱毛後の肌に紫外線の影響を受けると、色素沈着を起こしやすくなる

この色素沈着は、脱毛後の肌が熱を帯びていて、体内の水分が蒸発されて、乾燥肌になっていることから起こります。乾燥状態のお肌に光を当て続けても、前述の通り、肌の奥まで光が届かないため脱毛効果は得られません。

そんなお肌に少しでも脱毛効果を届けようと光を当て続ければ、当然ですが肌はさらに強いダメージを受けます。そのため火傷が悪化した状態と同じになり、色素沈着をしたり、シミやそばかすができてしまいます。

紫外線の力や、夏場の日焼けは、脱毛後の肌の火照りを解消するどころか体温が上がるので促してしまいます。特に暑さが増している近年では、熱を発散しようにもうまくいかず、クールダウンが上手にできなくて術後に肌トラブルを起こしやすいです。

脱毛サロンやクリニックで、入念に肌をクールダウンさせるよう指導を受けていても、帰宅途中で日焼けをしていては意味がありません。

脱毛後どのぐらいの期間日焼けしない方がいい?

これには術後の経過も関係してくるので個人差があり、一概にコレ!と断言はできませんが、多くの人が脱毛後の肌の状態が落ち着く1~2週間ほどは、日焼けをしないよう対策をした方が良いです。 (紫外線は年々強くなっているので、本当に色素沈着を防ぎたいなら最低でも2週間は対策してください)

基本的には、脱毛が完全終了するまでは、しっかりとした紫外線対策をしていかなくてはなりませんが、神経質にやりだすと、脱毛終了まで外出もできません。

ですので、「脱毛中は日焼けをしてはいけない」ということをしっかりと意識して対策をしていればOKなので、脱毛と日焼けのことを考えすぎてストレスをためないようにしましょう。

脱毛後に日焼けをしてしまったら、すぐに保湿ケアをしよう

どれだけ意識をしていても、脱毛期間中に外出をしないわけにはいかないので、紫外線を浴びて日焼けをしてしまうことだってあります。その時は、アフターケアに力を入れて、症状を悪化させないように努めましょう。

この時に必ずしてもらいたいことは、

  • 日焼け後のお肌の鎮静化(クールダウン)
  • しっかりとした保湿

の二点です。

特に体温を上げてしまうことで肌の乾燥を招くので、日焼けをしたと感じたら、まずは保冷剤や冷やしたタオルを使ってしっかりとクールダウンさせましょう。

このクールダウンがきちんとできていれば、赤みやかゆみを防ぐこともできます。

そしてクールダウン後は、しっかりと保湿をしましょう。肌の内部から乾燥している状態なので、高保湿かつ低刺激の保湿剤を使って、入念にケアをしましょう。

この時に使用をオススメするケアグッズは、赤ちゃんでも使えるような低刺激のものを使用し、普段使っているボディーソープなども香料や余計な洗浄成分が配合されていないものを選ぶと良いでしょう。

特にオススメの保湿方法は、シャワー時にベビーオイルを塗ってしっとりしてきたところで洗い流す保湿方法です。

これは私が冬場の乾燥が気になる季節に良くやる保湿方法なのですが、刺激の少ない無添加の赤ちゃんが使うベビーオイルを身体にやさしく塗って、シャワーで流す簡単な方法です。

洗い流しては意味がないのでは?と思われがちですが、ベビーオイルが優しくバリアを張ってくれるので、肌のしっとり感が湯上り後も持続します。

塗っている最中はべたべた感が気になるかもしれませんが、洗い流してしまうので、湯上りはべたべたしません。むしろお肌がしっとりもっちりとするので、その後の保湿剤を使ったケアも効果が高まるような気がします(個人差はあるかと思いますが、この方法はオススメです)。

日焼けをしてしまったら、焦らずにしっかりと保湿を心がけてください。

脱毛後は必ず日焼け止めで紫外線対策をしよう

脱毛後におすすめの日焼け止めは、敏感肌でも使える低刺激タイプのもの

脱毛をしたら外出ができないわけではありません。もちろん海水浴のようなダイレクトに日光を浴びる遊びは避けた方が無難ですが、しっかりと紫外線対策をすれば、日差しの強い日にも外出可能です。

この時に気を付ける点は

  • 日焼け止めをしっかりと塗る
  • パーカーやカーディガンを羽織って紫外線をシャットアウトする

といった点に気を付けて外出をしましょう。特に日焼けを防止するのに役立つのは、日焼け止めです。この日焼け止めも、赤ちゃんや子供が使える低刺激のものを選んで塗るようにしましょう。

オーガニックスーパーや赤ちゃん用品が購入できるお店に行くと、無駄な成分が入っていない日焼け止めが多く売られているので、何を買うかに迷ったらこちらで購入をしましょう。

リキッドタイプのサラサラとしたテクスチャのものは塗りやすくて便利ですが、脱毛後の乾燥しがちなお肌には、少しうるおいが足りないように感じます。

こういった状態のお肌には、クリームタイプの日焼け止めを選ぶと、しっとりと保湿をしながら紫外線カットができます。

クリームタイプの日焼け止めは、こっくりとしたテクスチャなので、少々伸びが悪くついつい力強く塗ってしまいがちですが、このゴシゴシ塗りも脱毛後のお肌にはNGです。

少量ずつを手に取って、ゆっくりと丁寧に薄くのばしていけば、力を加えなくても簡単に塗ることができるので、試してみてください。

もし上手にいかない場合は、ジェルタイプの日焼け止めもオススメです。

購入時にSPFやPAといったワードに悩まされるかと思いますが、今回は脱毛後のデリケートなお肌に使うことを一番に考えて、低刺激なものに重点を置いて選ぶようにしましょう。

日焼け止めは汗や時間とともに大半が流れ落ちてしまうので、長時間外出をする場合はこまめに塗り直しをして、紫外線からの影響を受けないように気を付けましょう。

日焼け止めを塗っても、強い日差しを浴びる場合はパーカーやカーディガンを一枚羽織って、肌をあまり露出しないように心がけましょう。

必ずUVカット効果のあるものを選び、吸湿性の高いものを羽織るようにしましょう。

脱毛後の紫外線対策は必須

脱毛後に限らずではありますが、必ず紫外線対策をして外出をするようにしましょう。今日は曇りだから、日焼け止めは塗らなくて大丈夫といった先入観は禁物です。紫外線は曇りの日でも脱毛後のお肌を刺激して、肌トラブルの原因となります。

そのため、脱毛をしてからしばらくは、外出時に必ず日焼け止めを塗って紫外線からお肌を守りましょう。

ページの先頭へ