脱毛後の飲酒は肌トラブルの原因に!アルコールが及ぼす影響

脱毛をし終えて、その足で飲み会に参加!というのは実は危険な行為だとご存知でしたか?脱毛後すぐの飲酒は、肌トラブルの原因になるといわれています。そのため、飲酒は避けた方が良いと一般的には言われています。

しかしダメとはわかっていても、なにがいけなくて控えるように言われているのかが知られていないのも現状です。

今回は、脱毛後のアルコール摂取について詳しくお伝えします。

なぜ脱毛後に飲酒してはいけないの?

脱毛後に体温が上がると、赤みやかゆみなど肌トラブルが起きやすい

脱毛後のお肌は、私たちの目では確認ができませんが想像以上に熱を帯びています。それもそのはず、普通に日常生活を送っていたら浴びることのない大量の光を、急激に浴びているので、日焼けや火傷と同じような症状になっていることはうなずけますよね。

みなさんは、日焼けや火傷をしたときの対処法として、一番に何をしますか?きっと「患部を冷やす」と答える方が多いのではないでしょうか。

脱毛後のお肌が、日焼けや火傷と同じような症状なのであれば、温めるのではなくて冷やすのが重要です。脱毛サロンでもクールダウンをしてもらうのは、ここに理由があったのです。

では、この症状と飲酒がどのように接点を持っているのでしょうか。

答えは、アルコールを摂取したことのある方なら簡単かと思います。単純にアルコールの摂取には、体温を上げる力があるからです。

施術箇所を冷やしてあげましょうとすすめられている状態なのに、体内から身体を温めてしまっては意味がありません。体温が上がることで、かゆみが出たり赤みを帯びてきたり…といった二次災害にあう可能性もあります。

かゆみの主な原因は血行が良くなることから起こりますので、アルコールの摂取により体温が上がり、血行が良くなればかゆみが起こるのも納得です。

血行が良くなることで、さらに体内が火照った状態になるので、施術箇所が赤みを帯びてしまいます。この体温を上げる行為は、体内の水分も同時に蒸発させてしまうので、乾燥肌になる原因でもあります。

脱毛中のお肌の乾燥は大敵です。水分量の減少したお肌では、脱毛効果が正しくあらわれないこともあります。水分が奪われ固くなったお肌の表面は、光が毛根まで届かなくなるので、脱毛効果が下がってしまうのです。

脱毛は便利な反面、私たちが想像している以上にお肌への負担がかかっています。この熱から受けたダメージは、簡単には回復をすることができません。

そのため、脱毛直後に身体を温めてしまう行為は、術後の経過を悪くする理由の一つです。脱毛をした日はまっすぐ帰宅して、自宅でおとなしくしているのが良いでしょう。

脱毛後に飲酒して赤みやかゆみが出たら、軟膏で肌のケアをしよう

脱毛サロンやクリニックでも、事前に脱毛後の飲酒をやめるように説明してくれているとは思います。それでもうっかり飲み会の約束を入れていたり、飲酒をしてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。

アルコールを摂取しても何も起こらなければよいのですが(ラッキーくらいに考えて、本当は避けたいです)、多くの場合が、かゆみや赤みといった症状が起こります。これは肌と一緒に、肌の中の毛穴も熱のダメージを受けているからです。

この症状が出てしまった場合は、まずはすぐにクールダウンをしましょう。保冷剤(ハンカチやタオルで包んだもの)を当てたり、水で濡らして固く絞ったタオルを当てて、しっかりと冷やします。

かゆみや赤みは、冷やすことでたいていは良くなるのですが、それでも引かなった場合は気になっても絶対に触らない。そして早めに皮膚科を受診して、かゆみ止めの軟膏や内服薬を処方してもらいましょう。

その後は、体温の上昇により蒸発してしまった水分を少しでも取り戻すためにも、水分補給をしっかりし(ミネラルを多く含む飲み物がベストです)、保湿剤でしっかりと保湿をしましょう。

使用する保湿剤は、低刺激なものを選び、デリケートになっているお肌に負担がかからないよう注意をしましょう。高保湿+抗炎症作用のある成分が含まれているものを選ぶと、治りが早くなる可能性が高いです(自然由来の抗炎症作用が含まれているものがオススメです。例えばアロエが代表的です)。

無理に保湿剤を塗り込んでも肌を傷つける原因になるだけなので、やさしく手の平と指の腹を使って塗って、改善されるように努めましょう。

脱毛前も飲酒してはいけない理由

脱毛後のアルコール摂取の危険性はご理解いただけたかと思いますが、実は脱毛前にもアルコール摂取は避けた方が良いです。その理由としては、

  • 気分が悪くなる
  • マナーとして良くない
  • 肌が敏感になりトラブルが起こりやすくなる

といったことが挙げられます。

脱毛前にアルコール摂取をしていると、施術中に気分が悪くなる可能性があります。これはお酒を飲んだことがある人ならわかるかと思いますが、酔っぱらっている状態でいつもと違う刺激が加わると気分が悪くなりますよね。

もし施術の途中で気持ちが悪くなってしまったら、お手洗いに急いで行くこともできないですし、そうなると周りに迷惑をかけてしまいます。

これはマナーとしては良くないことですし、不特定多数の人が施術を行うサロンやクリニックで、お酒の匂いがする患者さんが一人でもいたら、匂いが気になって施術に集中できなくなる可能性もあります。

施術を行うのは自分ひとりではないことを念頭において、周りにもしっかりと配慮をしましょう。

ここまでの理由は、どちらかといえば倫理的な部分での理由でありますが、最後にご紹介する理由は、脱毛中のお肌にかかわる問題です。

もう何度もご紹介をしていますが、脱毛中のお肌は、過度なダメージを受けているので本当に敏感です。この敏感になっているお肌を、アルコールの力でさらに敏感にしてしまって歯、施術中や施術後の肌トラブルにつながりかねません。

アルコールの摂取より体温が上がった状態で脱毛の光を浴びると、強いかゆみや赤み腫れが起こる原因ともなります。

綺麗になりたくて始めた脱毛も、肌トラブルが起こってしまっては意味がありません。脱毛前の飲酒も絶対に控えるようにしましょう。

どのぐらい時間が経てば飲酒しても大丈夫?

脱毛前後の飲酒がNGということが分かりましたね。ではいつからアルコールの摂取が可能なんでしょうか。

一般的には、お酒が完全に抜けるといわれている12時間は、最低でも避けた方が良いです。(これはサロンやクリニックでも同じ説明があるかと思います)

脱毛後のお肌の火照りがしっかり落ち着くまで、12時間以上はかかるので、丸1日から二日は間を空けた方が無難でしょう(これは脱毛前も同じです)。

お酒が大好きで、毎晩の晩酌が日常になっている人からしたら、とても辛いがまんかと思いますが、ここはグッと我慢をして脱毛に向けて備えましょう。

脱毛後の飲酒・脱毛前の飲酒は絶対NG!

これから忘年会シーズンに突入をするので、飲み会のハイシーズンになりますね。楽しい飲み会の予定を入れていたのに、脱毛の予約もしていた!と焦る人も多いのでは?

脱毛の予約を入れたら、前後の予定をしっかりと整理して、お酒を飲まなくて済む環境作りをしておきましょう。

脱毛前の飲酒は、大人の女性のマナーとしてあり得ないことではありますし、脱毛後の飲酒に関しては、その後の脱毛効果を左右しかねないので、絶対に避けたいものですね。

もしうっかり飲酒をしてしまい、赤みやかゆみといった症状が出てしまった場合は、必ずすぐにクールダウンをし、これ以上施術箇所の熱が上がらないように注意をしましょう。

そしてクールダウン後は、熱のせいで水分が蒸発した身体は乾燥をしているので、しっかりと水分補給をして保湿クリームをしっかりと塗りましょう。

ここで使う保湿剤は、デリケートになっているお肌への負担を少しでも軽減できるように、低刺激なものを選び、やさしく保湿をしてあげてください。

ここまでのケアをしても赤みやかゆみといった症状が治まらなかったら、まずは絶対に触らないことを徹底して、早めに皮膚科を受診してかゆみ止めを処方してもらうようにしましょう。

ページの先頭へ