脱毛後の運動は肌トラブルの原因に!いつから運動していい?

脱毛を行うと、肌を露出したヨガウエアなどを着て運動がしたくなりますよね。今までスポーツウエアを着る時に気にしていたムダ毛がないのですから、無理もありません。

しかしこの脱毛後のスポーツが、実はNG行為だということはご存知でしょうか。なぜ脱毛後にスポーツは禁止なのでしょうか。また脱毛後にスポーツをすると、肌はどうなるのでしょうか。

今回は脱毛とスポーツの関連性についてご紹介します。

脱毛後に運動してはいけない理由とは

脱毛後に体温が上がると、赤みやかゆみなどの肌トラブルを起こしやすくなる

脱毛後に運動やスポーツをする血行が良くなり、体温が上がると、

  • 肌の赤みが引かない
  • かゆみが発生する

といった症状が現れるので注意が必要です。

脱毛を行うと、肌は日焼けと似たような状態になります。目では確認できませんが、肌の表面だけでなく、肌の奥までダメージを受けているので、納得ではありますよね。

脱毛は、私たちが普段浴びていない量の光を一瞬で多量に浴びるため、肌に大きな負担がかかります。脱毛後のケアを怠るだけで、赤みが増したりかゆみが出たり…といった肌トラブルにつながる原因は、このダメージにありました。

そんな日焼けにも似たような状態の肌を温めると、当然ですが脱毛後の回復に影響を及ぼします。

日焼けや火傷をしたときに患部を冷やすのと同じで、脱毛後のお肌にもクールダウンが必要です。このクールダウンを行わずに体温が上がることをしてしまうと、体内の水分が蒸発して、肌が乾燥状態に陥ります。

乾燥肌は、脱毛には不向きといわれているので、その後の脱毛スケジュールや脱毛の効果にも影響が出てしまいます。脱毛後は、血行が良くなってしまうような運動やスポーツは絶対に避けるようにしましょう。

運動してかいた汗が毛穴に入り込んで、炎症を起こしてしまう

体温が上がることで、肌トラブルにつながるのはもちろんですが、スポーツ中にかく汗が原因で肌トラブルになることもあります。これはデリケートになっている脱毛後のお肌に汗が付着することで、炎症の原因になってしまうからです。

脱毛後は、肌表面の奥にある、毛穴までも刺激をされて、ダメージを受けています。その毛穴に菌がたくさん潜んでいる汗が付着したら…その後が想像できますよね。

また個人的にスポーツをしているのではなく、不特定多数の人と施設を共有して行うスポーツクラブでのスポーツは特に危険です。施設にはもしかしたら病気を持っている人もいるかもしれませんし、脱毛後にプールでのスポーツを行ったら、細菌感染の心配もあります。

プールは一見、消毒がされているので安全なように感じますが、消毒に使われている塩素は、デリケートになっている脱毛後のお肌には刺激が強すぎます。

そしてプールからあがった後や、スポーツで汗をかくとタオルで拭くと思うのですが、これもデリケートになっているお肌にはNGです。もちろん拭かないわけにはいかないのですが、大量の汗をゴシゴシとタオルで拭くと、余計なダメージが肌に加わって、肌トラブルを引き起こしかねません。

これらの理由から、脱毛後のスポーツは絶対に控えた方が良いといえるでしょう。

脱毛後に運動してしまった時の対処法

冷たい飲み物などで、なるべく早く体を冷やす

それでももし、うっかりスポーツをしてしまった場合は、どうしたら良いのでしょうか。

この場合は、前述の通り、身体を冷やす作業をしましょう。まずは体内から冷やすために、冷たい飲み物を飲んで熱を発散させましょう。体温が上昇したことで水分が蒸発している状態なので、水分補給をして身体を潤してあげることは重要です。

この時、身体に吸収されやすいスポーツドリンクを飲んだり、体内で自分の力では生成できないミネラルが多く含まれた麦茶などを飲むと、素早く身体に吸収がされるでしょう。そして脱毛箇所をしっかりとクールダウンさせましょう。

簡単な方法は保冷剤を使った冷やし方ですが、外にいて保冷剤を持っていない場合は、水分補給で使ったペットボトルにお水を入れて、施術箇所に10分ほど当てているだけでもクールダウンさせることができます。

また汗を拭くようのタオルにお水を含ませて、固く絞ってから当てても良いでしょう。

お風呂は避けてシャワーで済ませる

これも今までの説明を読んでいたらお分かりになるかと思いますが、脱毛後は、身体を温める入浴も禁止です。スポーツすると汗をかくので、熱めのお湯につかって汗を流したい!と思うかもしれませんが、この入浴は体温が上昇する原因になるので、絶対に避けましょう。

また私たちが想像している以上に、お風呂のお水には雑菌が潜んでいます。この雑菌は、人の身体に付着していたものから排水溝を通ってやってきたものまで種類は様々ですが、デリケートになっているお肌には刺激が強すぎます。

特にスポーツクラブ内にあるお風呂は、だれがどんな菌を持っているのかわからないので、本当に危険です。そのため万が一うっかりしていて脱毛後にスポーツをしてしまった場合は、湯船につかる入浴ではなく、サッと汗を流す程度のシャワー浴に切り替えましょう。

この時も、普段使っている身体を洗うタオルやスポンジが刺激になる場合があるので、やさしくなでるようい手で洗うことをオススメします。

ボディーソープや石鹸の成分が脱毛後の肌にしみる可能性もあるので、手のひらに少し取ったらしっかりと泡立てて、なるべく原液が肌に直接触れないように工夫をしましょう。

シャワー浴後は、バスタオルでゴシゴシと身体を拭かず、水滴をうえからやさしく抑えてタオルに水分を含ませる感覚で拭きとりましょう。入浴後の肌が柔らかくなっている状態のうちに、保湿剤を手早く塗って、乾燥しているお肌を潤してあげてください。

この時オススメの保湿剤は、赤ちゃんにも使えるような低刺激のものを選択して、手のひらや指の腹を使ってやさしく塗りましょう。何度も言いますが、ゴシゴシは厳禁ですよ!

脱毛後はいつから運動していいの?

ここまで読んで、脱毛をしたらずっとスポーツできないの!?と疑問を抱く人もいるかと思いますが、決してそういったわけではありません。

脱毛をしてから1~3時間は、特に体内が火照っている状態です。ですので、脱毛当日は、特に注意をして体温を上げないよう努めなくてはなりません。それ以降は、自分の体調と肌の状態を見ながら、どうするかを判断しましょう。

脱毛をしてからも赤み府が引かなかったりかゆみが出ていたり…といった何等かの症状がある場合は、脱毛翌日以降もスポーツは控えるのがベターです。

もしこれらの症状が長く続く場合や、うっかりスポーツをしてしまい肌トラブルが発生してしまった場合は、早めに医療機関を受診して、早期改善できるように医師と相談をしましょう。

脱毛後のスポーツは絶対NG!

体温を上げる行為は、汗をかいてデトックスできるから、気持ちもスッキリできるので、毎日でもありたい!と思いますよね。特に毎朝のランニングが日課となっている人からしたら、脱毛期間中のスポーツに制限がある状態は苦しいかと思います。

お気持ちはすごく良く分かります(私も週一のホットヨガに脱毛が原因でいけないとなったら正直つらいです)。

しかし、ツルツルの美肌を手に入れるためには、脱毛後1~2日は、スポーツを避けましょう。

寒い時期のスポーツなら体温もそんなに上がらないから大丈夫!と思われがちですが、たとえ体温が上昇をしなくても、スポーツ後の入浴で体温が上がってしまう可能性は多いにあります。

脱毛をしたら身体を入念に冷やし、乾燥させないのが、脱毛効果を高める秘訣です。脱毛によりお肌はかなりのダメージを受けて弱っていることをしっかりと理解しましょう。

脱毛後のお肌は敏感になっているため、肌の表面のバリア機能も低下をしています。この状態で雑菌が付着すると施術箇所に毛嚢炎ができたりもします。

あとから後悔をしないためにも、施術後の過ごし方をしっかりと計画して、脱毛スケジュールとスポーツの予定が重ならないよう注意をしてくださいね。

ページの先頭へ