VIO脱毛後の正しいケアとチクチクなどの肌トラブル対策

VIOラインの脱毛に挑戦!でも、デリケートゾーンなだけにトラブルが起きないか不安も感じますよね。VIO脱毛における正しいケアの知識を身につけて、トラブルなくスムーズにツルツル肌を手に入れちゃいましょう!

今回は、VIO脱毛後の正しいケア方法についてお伝えしていきます。

VIO脱毛後の自己処理について

まずは、脱毛サロンやクリニックでVIO脱毛を行った後の自己処理方法についてお話しします。脱毛が完了するまでは、フラッシュやレーザーなどの光を当てた後もまだ生きている毛穴から新しいムダ毛がしばらく生え続けます。

お手入れせずに置いておけるのであればそれが一番ですが、水着を着る機会があるなど、アンダーヘアのお手入れが必要なときもあるでしょう。そんなときは、次の点について注意するようにしましょう。

VIO脱毛後はカミソリで剃ってはいけない!

まず、VIO脱毛後はカミソリで剃るのは控えた方が賢明です。カミソリは、その形状からもわかる通り刃を直接肌に滑らせて毛をカットしていきます。VIO脱毛後の肌は熱を持ち、数日は炎症の起きやすい敏感な状態になっています。

そんなときにカミソリの刃で肌を刺激すると、傷がついたり、炎症を起こしたりといったトラブルが起きやすくなってしまうのです。VIO脱毛後はカミソリの使用は控えましょう。同じように痛みが刺激になる毛抜きやワックス脱毛も控えた方が良いでしょう。なるべく肌に刺激を与えないよう注意して過ごすことが大切です。

VIO脱毛後の自己処理は、電気シェーバーがおすすめ

「カミソリも毛抜きもダメなら、自己処理出来なくなっちゃうの?」いいえ、そんなことはありません。VIO脱毛後に必要があって自己処理をする場合には、電気シェーバーを使うのがオススメです。

特にオススメなのは、フェイス用として売り出されているペン型のシェーバーです。小回りが効くので手の届きにくいビキニラインも綺麗に剃れますし、振動する刃が肌に当たらず毛のみをカットしていきますので、肌を傷つけることなく処理することが出来ますよ。

脱毛にお金をかけているのに、シェーバーを買うのは躊躇われるかもしれませんが、フェイス用のシェーバーであれば1000円~数千円で購入することが出来ます。

これ1本でトラブル知らずの綺麗なお肌が保てるのであれば安いものですよね。長く使えるものなので、ぜひ1本準備しておくことをオススメします。

気をつける点として、たとえお肌に優しいとされる電気シェーバーを使っても、横に剃ってしまったり深剃りしようとして刃を肌に押し付けて剃ったりしていると肌が傷つく事もあります。深剃りはせず、見えている表面の毛だけをカットするように意識しましょう。

また、脱毛後は剃らなくても数日すれば、毛の生え変わる周期に合わせて自然とムダ毛が抜け落ち、綺麗な時期を実感できます。無理に剃らなくてもいいのであれば、そのままにしてあげて自然に任せておいた方が肌を痛める危険性もなく安心ですよ。

VIO脱毛後すぐにやってはいけないこと

続いて、VIO脱毛後すぐにはやってはいけないことを6つお伝えします。この点に気をつけていれば肌のトラブルが起きる危険性をぐっと少なくすることが出来ますので、ぜひ実践してみてくださいね。

入浴

まず初めに気をつけるのが、入浴です。脱毛のお手入れをした日は毛穴が熱を持っていますので、身体を温める事で肌に炎症が起きやすくなってしまいます。不必要に長い半身浴などの入浴法は、当日と翌日の2日間ほどは控えるようにしましょう。

軽く湯船に浸かる程度であれば問題ありませんが、肌にヒリつきが残っている方や炎症が起きないか不安な方は、2日間はシャワーで済ませておくと安心です。

運動

運動も身体が温まりますので、毛穴に熱がこもる原因のひとつです。また、汗をかくことで雑菌が繁殖しやすい環境になり、毛穴に雑菌が入ると炎症の原因になります。脱毛当日は、汗をかくような激しい運動は避けるようにしましょう。

飲酒

飲酒も身体を温めるので注意が必要です。お酒を飲むと、肌が赤くなりポッポと火照ってきますよね。これによって脱毛を受けた毛穴が炎症を起こしやすくなりますし、痒みも出やすくなり?いてしまうと傷になり、雑菌が入る原因になります。脱毛当日の飲酒はなるべく控えた方が良いでしょう。

海、プール、温泉

海やプール、温泉にも注意が必要です。これらの場所には大勢の人が入りますので、どうしても雑菌が繁殖しやすい環境になっています。脱毛を受けて敏感になっている毛穴に雑菌が入ると、赤みや痒みを伴う毛嚢炎などのトラブルにもつながりかねません。海やプール、温泉の利用も脱毛当日は控えるようにしてください。

予防接種

予防接種も控えた方が良いでしょう。女性の場合、月経前後は予防接種を控えるという方も時々いらっしゃるように、肌が敏感になっている時には思わぬ副反応が出る可能性が考えられます。個人差はありますが、念のため脱毛当日の予防接種は避けた方が良いでしょう。

性行為

脱毛を受けた直後は、施術部位のお肌を刺激するのは厳禁です。VIO脱毛の場合、脱毛部位に刺激になるため性行為も控えましょう。目安としては当日から翌日まで。また、肌に赤みが見られたり、ヒリつきや痒みがある場合には落ち着くまで待った方が良いでしょう。


基本的に脱毛直後の肌が敏感な時期を乗り切れば、脱毛による肌トラブルが出る危険性はぐっと少なくなります。これらの予定のある方は、予定を避けて脱毛の予約をとると安心ですね。

VIO脱毛後のチクチクは、剃った毛が下着に擦れるのが原因

脱毛後のお肌がチクチクとするのは、VIO脱毛に限らずすべての脱毛でいえることですが、VIO脱毛はデリケートゾーンの脱毛ということもあり、余計に気になりますよね。 特にVIOゾーンの毛は、濃くしぶとい毛が多いです。

このムダ毛を減らすためには、一回の施術ではなかなか脱毛の効果を感じられません。多くの人が、2~3回の施術で毛の抜け感を感じるといわれているので、その時までは、やはりチクチク感が出てしまいます。ではこのチクチク感を軽減させる方法はあるのでしょうか。

VIO脱毛後にチクチクする原因について

脱毛前に毛を剃ることで、剃った毛が下着に擦れてチクチクする

毛の生える周期に合わせて脱毛の施術は組まれていますが、初期のころの脱毛では毛の生えてくるスピードが速いです。そのため、次の施術前にムダ毛が生えてきてしまい、シェーバーを使って剃ってしまうこともありますよね。

これは仕方がないことではあるのですが、実はチクチクの原因でもあります。

シェーバーを使って毛を剃ることで、毛の先端が鋭利になり、その先端があだに刺さることでチクチク感が生じます。そして伸びかけてきた毛が下着に当たり、肌を刺激するので、ここからかゆみを感じる人も少なくありません。

しかしVIO脱毛は、施術のためにムダ毛の処理をしなくてはならないので、チクチク感はつきものです。どうしても耐えられないのであれば、締め付けの少ない下着を選んだり、サロンで販売されている刺激の伝わり方が軽減される下着を購入しても良いでしょう。

ここで注意したいことは、鋭くとがったムダ毛を、毛抜きを使って抜くことは絶対にしないという点です。抜いてしまうことで、毛の生え変わる周期を乱してしまう可能性があるので、脱毛の効果にムラが出てしまいます。

そのため、気になる気持ちをグッと抑えて、毛根が傷ついてしまう毛抜きを使った脱毛方法は避けるようにしましょう。

VIO脱毛後のチクチクは何日ぐらい続くの?

このチクチク感やかゆみといった症状は、VIO脱毛中ずっと続くものではありません。つまり我慢をしようと思えばできるものでもあります。

シェービング直後は、剃ったエリアはツルツルとなりかゆみを生じることはないのですが、ここから毛が伸び始めてチクチクとします。

しかし2~3日ほどで伸び始めた毛が長くなり、しなってくるので、チクチク感は軽減されます。つまり、日数としては2~3日我慢をすれば良いのです。

チクチクを和らげる方法

絶対に掻いてはダメ!肌を傷つけてかゆみが強くなってしまう

2~3日でチクチク感が軽減されるとはいえ、この間にチクチク感が気になり肌を触ってしまうと、肌トラブルの原因になってしまいます。そのため、気になる気持ちをひたすら我慢して、触るのだけは絶対にやめましょう。

清潔にしていると思っていても、手や爪の間には雑菌が潜んでいます。この雑菌がデリケートになっている肌に触れることで、脱毛後の刺激とは違った刺激が肌へ加わります。

この刺激のせいで、余計に肌がかゆくなり、悪循環となってしまいます。

ゆったりした下着を身につける

下着の締め付けも、チクチク感やかゆみを引き起こす原因となります。下着の締め付けが強ければ、下着内が蒸れる原因にもなるので、さらに強いかゆみを引き起こしてしまいます。

こうしたことを防ぐためにも、脱毛期間中は、締め付けの少ない吸湿性に優れた下着を着用するようにしましょう。

特にオススメの素材は、綿100%のものです。吸湿性に優れていて、肌に刺激もないので、無駄なかゆみが起こりません。(ポリエステル・ナイロン・アクリルは吸湿性がないので避けましょう)

それでもかゆみや蒸れが気になる場合は、おりものシートや生理用ナプキンを装着して、こまめに交換をして蒸れないようにケアをしましょう。

サイズ感はゆったり目の、普段身に着けている下着よりも、ワンサイズ大きめのものを選ぶと良いでしょう。

また下着ではありませんが、締め付けの強いスキニーデニムを履くのを避けたり、着圧の強いタイツを避けて、普段の服装にも工夫をしましょう。締め付けが強いと、それだけ蒸れも生じるので、この点に注意をして対策をしてください。

そして少し恥ずかしい話ではありますが…チクチク感やかゆみが気になる期間中は、就寝時のみで構わないので、下着を身に着けないのも対処法の一つです。

就寝時は、私たちが想像している以上に汗をかいています。それはもちろん、下着の中にも言えることです。

そのため就寝時は、思い切って下着を身に着けず、たっぷり保湿をしたデリケートゾーンを乾かしてあげるとかゆみや蒸れの軽減になります。

ちょっと(いや、かなり?)気にはなるかもしれませんが、寝ている間だけのことなので、良かったら実践してみてください。

保湿することで肌が柔らかくなり、チクチクするのを抑えられる

多くの人が効果があったと話しているのが、この「保湿」に特化したケアです。

顔や身体の保湿は入念に行うのに、デリケートゾーンのケアはしっかりと行わないですよね。そもそも目で見える範囲なら良いのですが、目では確認ができない範囲もあるので、安易にケアができないのも理由のひとつです。

しかしVIO脱毛後は、普段行っていなくても、しっかりとデリケートゾーンのケアを行うことでチクチク感やかゆみの軽減につながります。

ここで使う保湿剤は、身体に使っているものではなく、デリケートゾーン用の保湿剤や、敏感肌用の顔用化粧水などです(オーガニックと謳っているのに、実はそうでないものもあるので要注意です!)。

ドラッグストアで購入をする際は、赤ちゃんのお肌にも使えるとパッケージに書いてあるものが良いでしょう。石油系の成分が含まれているものは、絶対に使用をしないでください。

低刺激のものを選び、保湿剤を塗布する際は、やさしくなでるように塗ってあげましょう。ゴシゴシと塗り込むと、お肌に刺激が行ってしまうので、保湿をしているつもりが、逆効果になってしまいます。 そのため、必ず指の腹を使って、やさしくケアしてあげましょう。

オススメの方法は、入浴直後の肌が柔らかくなっているときに、うるおいが逃げてしまう前に手早く保湿剤を塗り込むことです。

脱毛後の、肌の奥で炎症が起きている状態のお肌を鎮静化させるために、抗炎症作用のある化粧水を下地として先に塗りましょう(顔用でOKです。ただし必ず敏感肌用を使ってください)。

その後、余計な蒸れにつながらないように、伸びの良いサラリとしたテクスチャのクリームやジェルを塗って、上からうるおいに蓋をしてあげましょう。

いろいろなクリームを重ね塗りしても保湿効果はないので、化粧水+クリームくらいのシンプルケアで十分です(ただし高保湿のものを塗ってください)。チクチク感が悪化して、かゆみがひどい場合は、施術部位をしっかりと冷やしてあげるのも効果的です。

かゆみの原因は、施術部位に熱がこもっているのが原因でもあるので、冷やしたタオルや保冷剤(必ずタオルやハンカチで包んでください)を当てて、冷やしてあげるとかゆみが治まりますよ。この際、低温火傷には注意をしてくださいね!

チクチク感は時間の問題。でも放置と油断は禁物!

チクチク感は、毛の周期によって大きく左右されるので、時間と共に軽減はされますが、それでも何もケアをしないで放置をしているのはNGです。気になるときは、必ず何らかのケアをしてあげましょう。

特にオススメの方法は、保湿をしっかりと行うことです。この保湿も正しい保湿剤を使わなければ意味がありません。肌に刺激が少なく、かつ保湿効果の高い、伸びの良いテクスチャのものを選択して、しっかりと保湿をしましょう。

下着の締め付けや蒸れ、衣服の締め付けもチクチク感やかゆみの原因となるので、露出はできないものの、蒸れないように適度に乾燥をしてあげることも大切です。

ただ闇雲に乾燥をさせていても、ベースの保湿ができていなかったら、逆にかゆみの原因となるので、乾燥をさせるときは事前にしっかりと保湿をして、新たなトラブルにつながらないように注意をしてください。

上記の対策をしても、チクチク感やかゆみが全く治まらない場合は、必ず脱毛サロンや皮膚科、もしくは婦人科を受診して、早期に改善ができるように努めましょう。

VIOの黒ずみは、専用のクリームで対策を

また、どうせVIO脱毛を受けるのであれば、脱毛が完了するまでに黒ずみもケアして、明るいなめらかなお肌を一度に手に入れたいものです。VIOの黒ずみのお手入れには、専用のクリームでホームケアをすることがポイントです。

VIO脱毛後に、黒ずみに気づく人が多い

実はVIOの黒ずみって、脱毛後に気にされている方が多いのを知っていますか?それまではムダ毛に覆われて気づかなかった部分がムダ毛がなくなる事で目立つようになり、せっかくムダ毛がなくなったのに今度は黒ずみで自信が持てない…という方も少なくありません。

しかし、黒ずんだお肌を白く綺麗な状態にするなんて、1日や2日では出来ません。資生堂によると、

表皮細胞が再生されるまでの期間(ターンオーバー)が、成人では28日前後であるのに対し、高齢者では40~60日と長くなる

と言われています。

1年から2年といった長い脱毛期間を終えた後に、また何十日もお手入れを続けるのは大変ですよね。VIO脱毛を受けるのであれば、ぜひ早めの段階で一緒に黒ずみをケアしておくことをオススメします。

また、VIOは一般的に他の部位の肌よりも黒ずみ気味なので、痛みを感じさせないために、黒い色に反応する脱毛の光を他よりも弱めにして照射することが多いのです。

早めに黒ずみケアをしておくことで、お手入れが進んでムダ毛が細くなってきたときに、光を強くしてより効果的にお手入れすることも出来るようになりますよ。ぜひ自宅での黒ずみケアを頑張ってみてくださいね。

VIOの黒ずみの原因は?

VIOの黒ずみの原因は一体何なのでしょうか?原因はいくつかあり、まずひとつめは、他の部位に比べてメラニン色素が多い事が挙げられます。このメラニン色素の量は人によって違うため、量の多い方はより黒ずみが現れやすくなります。

ふたつめに、ショーツが当たる事で摩擦や刺激が起こる事が考えられます。ワキや肘、膝など摩擦の多い部位はどうしても黒ずみやすくなりますが、VIOでも同じことが言えるのです。こういった刺激による黒ずみの場合は、クリームなどで保湿をしてお肌の生まれ変わりを促してあげる事が大切です。

VIOの黒ずみケア専用のクリームで黒ずみケアをしよう

けれど、VIOはとてもデリケートな場所。ハンドクリームに使うような普通のクリームをVIOに塗るのって、少し抵抗がありますよね。そんなときには、VIOの黒ずみケア専用のクリームがオススメです。

VIO専用のクリームなら、デリケートなお肌にも刺激を与えることなくしっかりと保湿してくれますよ。美白や保湿を考えた作りになっていたり、VIOの臭いケアも同時に考えられている商品もあります。

こういった黒ずみケアクリームを1つ持っておけば、余ってしまってもワキなど他の部位にも使えるのでとても便利ですよ。

脱毛をはじめたばかりのときは、まだまだ綺麗になった自分のお肌を想像しづらいかもしれません。けれど、将来の綺麗なお肌をイメージして、ぜひ早めの段階からアフターケアや黒ずみケアを頑張ってみてくださいね。1年後の仕上がりにぐっと差がつくこと間違いありません。

ページの先頭へ