脱毛後にワキガのような臭いが!ワキ汗の量も増えた?原因と対策

晴れて脱毛を終えてツルツルのワキになれた!とっても嬉しいはずなのに、なんだか気になる事がひとつ…。

「脱毛を受ける前より、汗の量と臭いが増えたような気がする…!」そんなお声をよく耳にします。もしかして、脱毛が何か汗に悪い影響を与えたのでは?と考えると、とっても不安になりますよね。

実は脱毛後にワキ汗が気になるのには、ちゃんとした理由があるんです。今回は、脱毛と汗の関係についてお話ししていきます。

脱毛後にワキが臭うようになったと感じる人が多いのはなぜ?

実は、脱毛後にワキが臭うようになったと感じる方は、たくさんいらっしゃいます。これは一体どうしてでしょうか?脱毛と汗の量や臭いに、何か関係はあるのでしょうか?

脱毛することでワキガになるということはない

まず一番心配される点ですが、フラッシュやレーザーなど脱毛の施術を受ける事によってワキガになるという事はありません。脱毛の光は黒い色素にのみ反応して熱に変わりますので、汗を出している汗腺(エクリン汗腺)や、嫌な臭いを出す汗腺(アポクリン汗腺)に反応することはないのです。そのため、ワキガが治る事もなければ、悪化することもありません。

しかし、密集したムダ毛に雑菌が繁殖して臭いを発している場合には、ワキのムダ毛がなくなる事によって雑菌が繁殖しなくなり、臭いがしなくなります。この場合には、ワキの臭いは脱毛することによって抑えられるはずなのです。

ワキ汗の量が増えることで、汗の臭いを感じやすくなる

それでは、どうして汗の臭いが強くなったと感じてしまうのでしょうか?原因として考えられるのは、ワキ汗の量が増える事で汗の臭いを感じやすくなるという点です。

脱毛を終えてツルツルのワキになると、以前よりもワキ汗の量が増えたと感じる方が多くいらっしゃいます。純粋に汗の量が増える為、臭いの量も増えると考えられます。

脱毛後にワキ汗の量が増えるのはなぜ?

それでは、どうして脱毛を終えるとワキ汗の量が増えるのでしょうか?実はこれにも面白い理由があります。

ワキ脱毛そのものでワキ汗の量が増えることはない

まず、はじめにもお伝えしましたが、脱毛を受ける事で本来のワキ汗の量が増える事はありません。脱毛の光は汗腺には影響しないため、機能的に汗の量が増えたり・減ったりする事は考えられないのです。

ワキ脱毛後に汗が一時的に増える「脱毛後多汗症」とは?

それではどうして汗の量が増えたと感じられるのでしょうか?その理由には、汗腺に影響があったのではなく、脱毛してムダ毛がなくなったことや、服の汗染みが気になるなど心理的にワキ汗を感じやすくなった事が考えられます。これは、「脱毛後多汗症」または「精神性発汗」と呼ばれています。

ワキ脱毛をしてワキ汗を感じやすくなったことで、余計に汗をかきやすくなる

ワキ脱毛をすでに受け終わっている方には実感していただけるかと思いますが、ワキ脱毛を終えてワキがツルツルになると、汗が肌の表面を流れるのを感じやすくなりますよね。これはなぜかと言うと、今まではワキにムダ毛があったことで汗が毛に溜まっていたのが、溜まる場所がなくなって出た汗がダイレクトに肌を伝うために起こります。

また、ワキ脱毛を終えた後は、ワキが綺麗になったことが嬉しくて、着替えの度・鏡を見るたびに、ワキに意識が行くのではないでしょうか?ワキに意識が集中することで、心理的に汗をかきやすくなるのです。

このように、今までと同じ量の汗をかいていても、意識が向きやすいという点から、量が増えたように感じてしまうのです。

このような心理的な作用による発汗の場合、通常の汗に比べて臭いを伴う汗をかきやすいと言われています。大事な発表のときに緊張してかく汗も、臭いを感じやすいですよね。それと同じ理由です。

このような理由から、脱毛後は臭いのある汗をかきやすく、さらに自分が意識を向けているせいでそれを一層感じやすくなっていると言えます。

ワキ脱毛後すぐは、制汗剤の使用は控えた方が良い

また、別の視点で、ワキの毛穴に雑菌が繁殖して臭いの原因になっていることが考えられます。ワキ脱毛を終えた後は、今までムダ毛が生えていた毛穴がからっぽの状態になっているので、雑菌が入り込みやすくなっているのです。

このときに注意したいのが、制汗剤です。汗と臭いが気になるからと言って脱毛後に制汗剤を多用してしまうと、毛穴に制汗剤のパウダーが入り込み、毛穴詰まりや雑菌が繁殖する原因になってしまいます。

また、そのほかにも皮脂や垢が毛穴に詰まり酸化を起こして臭いを出している場合もあります。脱毛後しばらくは制汗剤の使用は控え、コットンを清潔な水で湿らせて、優しく肌をふき取ってワキを清潔に保つように心がけましょう。

ワキ脱毛後の臭い対策

ワキ脱毛後の臭い対策として、制汗スプレーなどを使用してもどうしても汗の量が気になる場合には、ボトックス注射という方法があります。

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から得られるたんぱく質を注入することで「アセチルコリン」という神経伝達物質の伝達を弱める働きを狙ったもので、美容外科ではさまざまな部位に用いられています。ワキに注入することで、ワキ汗対策としても使用する事が出来るんですよ。

ボトックス注射のメリット、汗そのものを抑えることができる

ボトックス注射をワキに利用すると、ワキに対する「汗を出して!」という神経の伝達を弱める事が出来ます。それによって、汗が出る事自体を抑える事が出来るのです。ワキ汗に意識が向いて気になって仕方がない…という方には、汗そのものの量を減らすことが出来るので非常に有効であると言えます。

ボトックス注射のデメリット、効果がずっと続くわけではない

一方で、ボトックス注射のデメリットは、一回の注射で効果が永久的に続くわけではないという点です。ボトックス注射による汗止めを実際に行っている聖心美容クリニックのホームページによると、

通常3日~1週間で効果が表れ、1回の注入で効果が3~6ヶ月持続する

そうです。

脱毛後、ワキにムダ毛がない状態に慣れるまでの間使用したり、汗が特に気になる夏になる前の春先に利用するなどの利用法が効果的です。また、ボトックスには種類がいくつかあり、信頼できるものはそれなりに高価になってしまいます。反対に、安価なものは注射の痛みが強かったり、効果が弱い場合があるようです。

臭いが強い場合は、ワキガ対策クリームを試してみるのもアリ

注射を受けるのは抵抗がある…という方には、ワキガ対策クリームが効果的です。注射のように汗そのものを止める事は出来ませんが、汗の臭いをしっかりと抑えてくれます。

専用のワキガ対策クリームなら、市販のデオドラント商品に比べ消臭効果や殺菌効果が高く、臭いに対してきちんと効果を発揮してくれます。また、しっとりとしたクリーム状なので、パウダースプレーのように毛穴詰まりを心配する必要もありませんよ。

いつでも手軽にさっと塗れるのも嬉しいポイントです。パッケージもシンプルでお洒落なものが多いので、またポーチに入れて持ち運んでも恥ずかしくありませんので、1本持っておくととても便利ですよ。

まとめ

いかがでしたか?脱毛の影響でワキ汗の臭いや量が増えた!と感じるのは、実は自分の意識の影響が強いという事をわかっていただけましたでしょうか?

脱毛を終えてしばらくは今までのワキとの違いに違和感が続くかもしれませんが、それはムダ毛がなくなって綺麗なワキになったという証拠です。しばらく経ってムダ毛のない綺麗なワキに慣れてきたら、自然と汗も気にならなくなりますよ。

ぜひご自分の綺麗なワキに自信を持って、ムダ毛と汗を気にせず毎日を楽しんで下さいね!

ページの先頭へ